古くなった床の間と縁側プチリフォーム!

お座敷は、畳を処分し、ウッドフロアーにはりかえ。

床の間は  下地が古くなっていましたので、繊維壁の上に

ベニヤ5.5mmを貼り、パテで下地をこしらえ壁紙を貼ります 。

左側の違い棚のバックアは、金箔もどきのクロスを使用。

右側の床は、グリーンの落ち着いた無地クロスを貼り

金箔の派手さをおさえました。

床柱がでこぼこの形状で、職人さんも、フリーハンドの

苦労の連続!!!

床も、タタミ張替のウッドフロアーも右無地とこも綺麗に仕上がり

新築のように再現されました。!

ふすまも同時にはりかえ次ぎは、縁側のはりかえ着手。

 

長年の縁側の働きを表すように、色・形状がボロボロに

特殊セメントで目地を揃えて行きます。

乾いたら、ピールアップ糊を使用し、簡単に今後張貼り替えができるよう準備します。

縁側のいたんだフロアーが写真のように蘇ります。

傷ついていた床がこんなに綺麗になり、お客様も大満足!